犬のシニア世代って何歳からなのか。青年期との違いを把握する。

愛犬家の方なら、みなさんこれぐらいのことはご存知なのだと思いますが今日は、いまいちど犬の年齢についておさらいしていきます。

犬の年齢を人間に置き換えると、犬の1歳は(1年目のみ)人間でいうと15歳ぐらいになり、

その後も1年ごとに4歳ずつぐらい年齢が増えます。
もちろん個体差や犬種による体の大きさなどで違いはありますが、、、

出会った時は赤ちゃんだったのに、すぐに私たちの年齢を追い抜いていってしまうという、せつない現象ですが目をそむけないようにしたいものです。

犬の年齢、人間でいうと何歳か?

犬の年齢を人間の年齢に置き換えたらこうなる↓

獣医師広報版からお借りしました表です。

小型犬・中型犬大型犬人間
1ヶ月1ヶ月1才
2ヶ月2ヶ月3才
3ヶ月3ヶ月5才
6ヶ月6ヶ月9才
1年12才
9ヶ月9ヶ月13才
1年1年17才
2年19才
1年半1年半20才
2年2年23才
3年26才
3年3年28才
4年4年32才
4年33才
5年5年36才
6年5年6年40才
7年7年44才
8年6年8年48才
9年9年52才
7年54才
10年10年56才
11年8年11年60才
12年12年64才
13年9年13年68才
14年14年72才
15年10年15年76才
16年16年80才
11年81才
17年17年84才
12年86才
18年18年88才
19年13年19年92才
20年20年96才

獣医師広報板(平成21年版)

犬種や運動量、生活環境で個体差があるので、あくまでも参考にしてください。
ちなみに、うちのワンコは12歳なので、人間でいうと64歳ぐらいです。


犬の年齢を人間に置き換えてみるだけでも、生活において気をつけることが想像できますね。
私たちも、10代は成長期。20代、30代は青年期。40代50代は中年期。60代以降はシニア世代になってきます。

 

シニア世代とは何歳からか?

犬も人間も若いときは、体も身軽なので、食事のカロリーは多め、運動量も多め。少々無理がききます。
だけど、中年期に差し掛かっていくと人間も体のメンテナンスをしていかないと病気になったり、無理がきかなくなってきます。

まして、シニア期になると、無理をすると骨折してしまったり、目が見えにくくなってきたりと、より気をつけることも増えてきます。
これらの考え方を犬にも当てはめていけばいいですよね。

犬のシニア世代は人間でいう45歳ぐらいから

さて、ドッグフードなんかを見ても、だいたい7歳から。11歳からなどと
おすすめ年齢が書かれています。
こちらは食事の面ですが、ひとつの生活の見直しをする節目と考えられます。

一つ目のターニングポイントは7歳

さて、上の表にもどって、7歳のところをチェックすると、ちょうど人間でいう44歳ぐらいです。
なるほど~。私たち人間でも健康診断の受診項目が増えたり、成人病が発症してしまう時期で
あります。

2つ目のターニングポイントは11歳

人間でいう60歳。人間社会でも昔は定年が60歳だったので犬としても体をいたわり始める時期といえます。

中年期からの変化と気をつける事

7歳以上の犬で気をつける事

見た目にはわかりづらいですが、少しずつ体力が落ちてきたり、太りやすくなったり、油断するとケガをしてしまう。
元気いっぱいでも、激しい運動には気をつけたほうがよい。
思い切り走ったり、ジャンプしたりなどは卒業していく。

我が家のワンコは関節を痛めてしまったので、私たちが思っている以上に
気をつけなければいけないといえる。

11歳以上の犬で気をつける事

見た目にも、白髪がでてきたり、歩行がゆっくりになったりとわかるようになってくる時期。

我が家の犬は見た目は元気です。
先ほどの話でもあったように、関節を痛めてからは寝起きだけは足をひきずっていますが、ソファぐらいは飛び乗ります。
これも、無理をさせない方がいいかと思い、座布団を階段みたいに使ってもらおうと試みたのですが嫌がってしまうので、階段のようなものを検討しています。

12歳ぐらいからは、冬になると温かいところを好んできたりします。
若いときほど暑がらなくなりました。フリーにしているときは、犬自身が快適な場所を選べますが、お留守番でクレートに入る場合や、寝床は冷えないように温かいひざ掛けのようなものを敷いてあげた方がいいです。

我が家の子は、10歳ぐらいに足を痛めてからは超高速では走らなくなりました。

もちろん足を痛める前に超高速はやめたほうがいいです。
シニア期は元気でも、のんびり散歩が一番です。
7歳すぎたらゆっくりランニング程度で一番激しいぐらいです。

先ほども言いましたが、うちの子はびっこを引いていますが、動きはじめだけなので
散歩はできます。なのでゆっくりとたくさん(時間はかかりますが)に散歩しています。
筋力が衰えないためにも。歩けるうちは少しでも散歩に行きます。

愛犬の老いは私も少々受け入れたくない自分がいまして、今までの勉強不足を私自身後悔しています。
ですので、病気の予防やケガを未然に防ぐために、きちんと向き合った方が結果的に幸せです。
今回は、我が子の老いを認めたくない気持ちはわかりますが、まずそういう意識づけにつながればいいなあと思いざっくりと愛犬の老いについて書きました。

また、各項目掘り下げた内容を書いていきます。
以上です。

シニア犬ランキング
 

コメント