子犬から老犬まで。犬が食べてはいけないNG食材のまとめ。

犬に与えてはいけない食材

愛犬家のみなさんならほとんどご存知のことと思いますが、老犬に限らずワンちゃんにとってNGな食材を一応まとめておきます。

人間は普段食べていても犬にとっては中毒を起こしたり、生死にかかわるときもあるので気をつけなければいけません。

犬に与えてはいけない食べ物

ネギ類
たまねぎ 長ネギ にら らっきょうなど
チョコレート
香辛料
コショウ トウガラシ 刺激の強い香味料など
干しブドウ
えび、いか、タコ
加熱した骨(特に鶏肉の骨)
じゃがいもの芽
トマトやなすのヘタ
生の卵白
塩分の多い食材
ハム ベーコン インスタント味噌汁 ラーメンなど
カフェイン
コーヒー 紅茶 緑茶など
牛乳
アルコール
アロエ
人間のお菓子(特に甘いもの)
アイスクリーム ケーキ その他
キシリトール

もう少し詳しく知りたい方は下記を参考にしてください

ネギ類

貧血をおこす。
玉ねぎは少量なら平気な子もいるようですが、与えない方が良いです。
ちなみに、うちの子も過去に誤って玉ねぎ入りのハンバーグをかじったことがありますが、大丈夫でした(´▽`) ホッ

チョコレート、ココア

カカオの成分が最悪心不全をおこす原因になる。

香辛料
下痢、肝臓や腎臓に良くない。
干しブドウ
嘔吐、腎不全を起こすことがある。
いか、たこ

消化が悪く胃に負担がかかる。

えび、カニなどの甲殻類

ビタミンB1などの栄養分を壊してしまう。

加熱した骨

特に鶏の骨を加熱したものは、内臓に刺さってしまうのでいけない。

魚の骨もささるので気をつけた方がよい。

じゃがいもの芽、トマトやなすのヘタ

中毒を起こす

生の卵白

ビタミンHが欠乏する。
少量か、加熱をすれば大丈夫。

塩分

人間の加工食品は塩分が高い。

犬は汗をかきにくく、塩分を排出しにくいので与えてもごく少量にする。

カフェイン

不整脈をおこす。

牛乳

消化がしにくい
油脂が多いので与えたい時は無糖ヨーグルトやスキムミルクなどにする。アルコール
少量でもNG

アロエ

食すと腎炎をおこす。人間用のお菓子
甘いものは、脂質の摂りすぎ、肥満や虫歯の原因になる。
嗜好性が強いので与えない方がよい。

キシリトール

少量でも絶対に与えてはいけない。
子供のお菓子の食べこぼしにも注意する。

特に赤マーカーの食材は即、危険なので要注意です。

ネギ類や加熱した鶏の骨はよく聞きますよね。
生の卵白がダメなのはあまり知りませんでした。あと、キシリトールはとても危険だと知りました。
少量でも生死にかかわるということなので注意ですね。

食べても良いのか不明。グレーゾーンな食べ物

ニンニク
ガン予防に適量食べても良いと薦める人もいるけど、どうでしょうか。
私は、過去にダメと聞いたことがあるので、まだ与えたことはありません。

食べた方が良いが与えすぎに注意する食べ物

ブロッコリー、キャベツ
白菜
ブロッコリーやキャベツアブラナ科甲状腺の機能が低下することもあるが
常識的な範囲内であたえていれば問題ない。
ただし、すでに甲状腺の病気を抱えている場合は控える。
白菜きゃべつは食べ過ぎると結石ができやすくなる。
当然結石のある子にはあまり与えないほうがよい。
毎日、同じ食材ばかりに偏らなければそれほど神経質にならなくて良いでしょう。
ブロッコリーは、ガン予防になるとのこと。人間が食べるときに積極的に取り分けてあげるとよい。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

コメント